2013年8月アーカイブ

ハウステンボスで撮影したクルマの画像を集めてみた。

htb_car05.jpg
htb_car07.jpg










htb_car06.jpg
これら3枚はオープン前、'92.2.23に撮影
さすがにバスもピカピカ。

←これは日産 エスカルゴに安っぽいボンネット+グリル風をくっつけたもの。青いボディだけで素敵なのに。。。







htb_car11.jpg
htb_car08.jpg










htb_car10.jpg
救急車やパトカー、デリバリーバン等の働くクルマたち。
上右と左の画像は共にホテルの窓から見た風景。
上右はアムステルダムから。
左の画像、自分の足が写りこんでました。失礼。
これはデンハーグから。





htb_car01.jpg
htb_car02.jpg
左・ハウステンボス内のガスステーション。クラシック(ルック)タクシーが給油中。

右・おなじみフィガロ
市販車にない原色カラーが魅力的。








htb_car04.jpg1992年5月マリンターミナルの前に停まっていたロータス・セブン(ケーターハム・セブン?)。ドンカーブートではなさそうだ。
なぜこのクルマが園内専用車になったのか謎だが、21年後の現在でも生き残っている(こんな感じで置かれている?)ところを見ると元は取れているかな(笑)。


ハウステンボスのオープン時、サウンドギャラクシーに仕事で関わったことなどを以前書いたが、ふと、ハウステンボスのオープニングCMを思い出した。あのピーター・オトゥールの出演したCMである。
バブルの余韻十分のキャスティングと雰囲気。

なんとYouTubeに動画があった。 運河編は覚えていたが、街並み編は記憶に残っていなかった。
このCMが撮影された時ホテル・ヨーロッパでは「ミンボーの女」が撮影中であり、監督の伊丹十三映画で共演したことのあるピーター・オトゥールと再会し旧交を温めた、と「ミンボーの女」のパンフレットに書いてあった(はず)。

この後、スティングが出演したシーガイアCMとバブル期テーマパークCMの双璧をなしていると思う。

2013年12月追記
ピーター・オトゥール氏が亡くなられた。自分にとって意外だったのは、氏がまだ81歳だったこと。
上記のハウステンボスCM出演時は59歳だったことになる。演出上だったかもしれないが、もっとずっと老年のように見える。

プロフィール

 

  Japanese
Male Age:50+
blogger@tokyosky.to
  

最近のコメント

YourNo.is

Today

from Jan.23.2011
Powered by Movable Type 4.28-ja