2013年9月アーカイブ

NIBL BASIC ROMを買ったのは東急ハンズだった! 1978 の中で書いた自作CRTターミナルに使用した基板の資料が出てきた。
購入した基板と一緒に送られてきた回路図その他である。まず、コピーが青焼き。

大越電機広告.jpg
これはトラ技の広告原稿そのものと思われる。
左側の22,23,24番3枚の基板を購入した。
大越電機工業製作所のウェブページ
両面基板作成可能だがスルーホール無しというのはこの当時と同じ。ガーバーデータ受付なし、短期間作成も不可と我が道を行ってます。
あれ?更新日2008年6月1日で「現在、受注を中止しております」だって?


22.jpg
22ptn2.jpg
(22)CRTディスプレーキャラクター用基板









23.jpg
23ptn.jpg
(23)CRTディスプレーコントロール用基板








24.jpg
connect.jpg
(24)UART・エンコーダー・フルキー用基板 および
22,23,24基板間接続図






keyptn.jpg
これが変な並びのキーボード(当時書いた配置図)。
うーん(笑)。

基板だけ買ってよく動いたものである。
確かパターン修正しないと動かなかった記憶もあるし。。。


LMD-649に使用したメモリボードの資料が出てきた。画像クリックで拡大。

まず以前のブログでメーカー名を間違っており、株式会社テックメイト製だった。

テックメイトMD-64.jpg
テックメイト価格表.jpg
右が価格表。今から見るとどうしてボード単体やキットで売っているのか不思議に思うかもしれないが、当時はおカネのないユーザー向けに出す必要があったのだろう。


価格表の日付は1978年なので私が購入したときは価格が下がっていたかもしれないが、メモリの値段が凄い。ビット構成をよく見て欲しい。
キロバイトの時代である。


上左のパンフレットにも書いてあるが、外から見るとスタティックRAMボードと同様に使えるのがメリット。
このボードにDRAMを64KB積み、2枚(8bit+4bit)使って12bitA/D,D/Aに対応させ、パンフレット左の図にある8080システムの接続方法で使用していた。このLMD-649を正面から見た画像のケージ一番右寄りの2枚である。
このパンフレットの住所に直接買いに行った記憶があるが、併設されたショップはガラスショーケースが1つ2つある小さなものだった。

他にもメモリボードのパンフレットがあったので載せておく。

テックメイトMC-16_1.jpg
テックメイトMC-16_2.jpg
テックメイトMS-16.jpg
















上中央のパンフレットの中の「市販のマイコンキットの中には、アドレスのデコーディングが不完全なため、不使用空間のほとんどないものがあります。」の一節が当時の状況を偲ばせる。
メモリ増設を考慮せず、というよりICチップ数を減らして全体を安く(簡素化)するため簡易なデコードで済ませていたのだ。

テックメイトMR-16_1.jpg
テックメイトMR-16_2.jpg
左のPROMライタ付きRAM/ROMボードは、レーザーディスプレーの仕事で使っていた。
当時単体のPROMライタは値段が高く、ボード単体ソフトいらずスイッチひとつでPROMに書き込めるので便利だった。
なんとこちらのサイトでこのボードのマニュアルボード画像(スクロールすると出てくる)が公開されている。
物持ちの良い方があちらこちらにいらっしゃるのには感心・感謝である。


テックメイト8308ADP.jpg
こちらは上で紹介したボード画像にも出てくる。
本来ボードに載せるべきRAM手に入りづらいため、半分の容量のRAMを2個乗せて代用させるアダプター付きRAMである。

プロフィール

 

  Japanese
Male Age:50+
blogger@tokyosky.to
  

最近のコメント

YourNo.is

Today

from Jan.23.2011
Powered by Movable Type 4.28-ja