白鯨最高! 2021

11/16ナガシマスパーランド白鯨に乗ってきた。

まずは愛知県美術館曽我蕭白展を観に行く。府中市美術館で観た動物の絵展にあった曽我蕭白の鯉の絵が異様な迫力で、検索したら愛知県美術館が出てきたから。

それを観たあとナガシマスパーランドに向かった。当然お目当てはスチールドラゴン2000と白鯨。初ナガシマスパーランド。バスで近づくと園内の端にウルトラツイスターがある!懐かしい、これも乗っとかなきゃ。午後3時過ぎに入園する際午後5時閉園と念を押される。これは効率良く乗らないと、とスチールドラゴンに着くと何とかなり待ち行列が出来ている!1000円の乗車優先券を買う(笑)。

スチールドラゴンの後白鯨に向かうと何だか人影が無い、まさか終了じゃないよねと乗り場に向かうと何とガラガラなのだった。ええ~? 乗車しあまりに面白いので出口→入口直行でもう1回乗る。

スチールドラゴンと白鯨、スチールドラゴンはとにかく凄すぎる。初スチールドラゴンにして何と最後尾席という強力な体験でなにしろファーストドロップ中ずっと体がシートから浮いている。上昇に転じると強烈なG。凄すぎて楽しめない。楽しくなってくるのはループ後アップダウンを繰り返す直線に入ってからだった。

白鯨は乗車すると腰骨あたりをベルトとラップバーでガッチリ押さえつけられ脛当てで脚も固定、下半身全く自由が無くなりこれからどれだけ振り回されるのかとじわじわくる。発車すると巻上げまでの間コブが連続し左右にも振られ只者でない感全開。巻上げ後も直ぐにファーストドロップにならず一旦少し下ってスピードを得た後、少しホップしてファーストドロップに入る憎い演出。

もうその後は楽しい楽しい、思わず「ヒャッホー」と声が出る!あの90度横倒しはどうかなと思っていたが不自然でなくひねれる感じ。そしてひねりながら落下するのは味わったことのない感覚だ。とにかくなめらかで上下反転も小径のコークスクリューも体に負担なく気持ちいい。またこちらの素晴らしい白鯨紹介ページに書かれていて気付いたのだが、途中で一度もブレーキがかからないのでテンションが途切れない。

ここで午後4時半近く、急いでウルトラツイスターに向かう。客1人(私)係員1人。昔後楽園で乗って以来。今でも十分面白い。垂直巻上げが効いてるしファーストドロップは最初90度下向きになるし座ったおヘソの辺りを中心に連続回転するのはコレだけ(過去にはこういうのもあったようだが)。出来たらスイッチバックしないコースのウルトラツイスターにも乗ってみたい。

閉園アナウンスが流れるなかもうこれで帰るかと出口に向かっているとこれまた懐かしいシャトルループがある!ついフラフラと乗ってしまった。大昔横浜ドリームランドに出来たとき乗ったのが最初。リニア駆動じゃ無いフライホイール式ならではの強引なスタート。1回目ループ後の登りが結構高い。乗車後出口に向かうカップルが「何でもなめたらあかん」と話していたのが面白かった。そう、だからコレも生き残っている!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。