フレッツ光ネクスト修理で問題解決(していなかった) 2021

フレッツ光 ネクスト マンションタイプ VDSL方式(上り下りとも最大100Mbps)を利用している。

以前「YouTubeライブカメラ通信環境改善とカメラ熱対策(共に進行中) 2021」で書いたフレッツ光ネクストの通信回線問題(不定期に起きる数10秒のインターネット回線切れ)が解決したようなので経緯をまとめておく。以下の4ステップで対策・修理は進んだ。ちなみに修理は3回とも別な修理担当だった。

1.自分で交換 VDSLモデム一体型のひかり電話ルータ RV-S340NEを新しいモデルのVDSLモデムVH100-4E+ひかり電話対応ホームゲートウェイRX-600MIに交換 解決せず

2.修理を依頼4/24 無料 室内のモジュラージャックコネクタを点検、不要なコンデンサ撤去 VDSLモデムVH100-4Eを再交換 解決せず

3.修理を依頼5/12 無料 マンションMDF室内VDSL集合装置(16ch)への接続を別装置・別chへ接続し直す 解決せず

4.修理を依頼5/15 修理代金¥10,890 マンションMDF室から部屋までのVDSL配線を未使用の配線に接続し直す 修理後3日間問題無し

2の修理後インターネット回線が切れる時にはVDSLモデムのLINEランプがゆっくり点滅することが2回確認できたので、問題はマンションMDF室と部屋のVDSLモデム間にある可能性が高くなった。2の修理時にMDF室内の装置は交換された新しい機器であり、問題が続くようなら部屋までの配線を調べる必要があるだろうという説明だったが、3の修理時はMDF室装置への接続を別装置・別chへ接続し直す対応となった。

ところが3の修理での装置切り替え後、上り速度が極端に低下しOBS Studioの転送レート38000Kbpsに全く追いつかなくなった。その結果ライブ動画再生が遅延しどんどん時間が遅れる状態となってしまった。修理した5/12は水曜日だったが金曜の夜まで速度低下は続き、その後回復した。この時は接続し直した機器・その接続先に平日大きな負荷がかかり問題が発生したのではないかと考えた。数10秒のインターネット回線切れ問題も解決していなかった。

4の修理時はおそらくマンション内VDSL配線替えが必要となる際に必要と判断されたのか修理担当は初めて2人となった。ここで初めてMDF室と部屋のVDSLモデム間のスピード測定の結果が分かり、それはフレッツ光のスピードテストと同じ50数Mbps代でどうやら良くない値のようだった。機能的にはここで100Mbps出なくてはならないのだから。次に室内の複数のモジュラージャックを渡っている配線を一旦外し室内に引き込まれている最初の配線の末端をスピード測定、ここでわずかにスピードは上がった。その次は室外配線までをスピード測定、そのスピードは室内と変わらず、ここでMDF室から室外配線までの電線が怪しいという結論になった。

幸い未使用の電線がありそちらに接続し直し(ここで修理代金の発生)、その結果MDF室と部屋のVDSLモデム間のスピードが70数Mbps代まで20Mbpsアップした。

さて3の修理で接続し直したMDF室装置については測定した結果問題ないという。私としては装置が怪しく感じられたし、結果的に3の修理は意味が無かったのだから接続を元に戻してほしいと希望したのだが元には戻せないとのこと。

4の修理後スピードテストは60数Mbps代が出るようになり、幸い極端なスピード低下は起きず回線切れも発生していない。なんとか順調でいてほしいものだが。。。

5/18に1回WAN側リンクが切れていた。結局解決していない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。