MiNT InstantKon RF70インスタントカメラを修理で香港に送ってみた 2021

7月にTecoBuyで買ったMint InstantKon RF70インスタントカメラだったが、ほとんど使わないうちに壊れてしまった。レンズを固定するため上下の筋交いを伸ばし切ったところでパチンと嵌まるレンズ上下金具のピンの下側のピンが外れてしまい、レンズが正しい位置に固定できなくなってしまったのだ。

外れてしまったピンとワッシャー

ネジが外れたのなら入れ直せばよいのだが、圧入かカシメて止めてあったようで元には戻せない状態だった。

7月に購入後、メーカーサイトに登録し5年保証となっていたので早速メールを送ってみた。以下修理の流れをまとめてみる。

10/13 画像を添付しinfo@mint-camera.comに問い合わせる。

10/13 その日のうちに返信があり「修理担当とユーザーサイドで直せるかどうか話をして返信する」とのこと。

10/14 「残念ながらあなた自身では直せないので修理のため送ってほしい」とのことで修理登録ページに登録する。

10/17 修理の発送先(MiNT Factory Space)を知らせるメールが来る。修理内容や返送先が書かれたこのメールをプリントし修理品と一緒に送ってほしいとのこと。発送先住所は香港。ストリートビューで見ると以下のビル。

10/18 郵便局からEMS国際スピード郵便で発送する。返送品・有償/無償 無償・単価¥100,000、包装込みで1.5kg弱、保険料¥200含めて送料¥2,900也。

10/20 カメラ到着と点検待ちを知らせるメールが来る。

11/2 カメラの発送とトラッキングナンバーを知らせるメールが来る。

11/8 日本郵便で配送される。

矢印のピンが元に戻っている

発送から21日で戻ってきて、保証期間内のためかかった費用は送料のみ。海外に送ったことを考えれば十分満足な対応である。

既にTecoBuyは日本での営業を止めてしまったので、これから新品を購入するにはメーカーサイト(海外)か日本の代理店かということになる。カメラ本体にNDフィルター3種とレンズフードを合わせて、海外サイトではInstantKon RF70 Starter Packageとして¥107,300、国内代理店だと別売合計¥143,000になる。今回の良い海外対応を考えると、どうしても日本語が使いたいという方を別にして国内で修理可能であるとか何か明らかなメリットがないと(応援はしたいけど)国内代理店から買う理由が?である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。